読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

月に囚われた男 ダンカン・ジョーンズ

「おれはプログラムじゃない」(サム)

2010年の低予算映画。これはもっと早く見るべきだった。
劇場で見なかったことが悔やまれる。

低予算でSFというのは敷居が高い。凝ったことはできないから、如何にして近未来のイメージを作るかが難しい。監督みごとにその辺をやりくりしたといえる。

まずメインのセットは簡素な月面基地に絞った。窓もないから宇宙空間を描く必要は殆どない映像の加工もシンプルで良い。演者もほぼ主演の1人芝居に絞った。スターの共演より、1人の味のある役者フル活用するほうがコスパが良い。同時にこれをやりきったサム・ロックウェルの評価もグングン上がる。
他の登場人物は簡素なロボットのガーディ。この簡素さも、うまく物語に生かされる。どうやら原作のないオリジナル映画らしい。この自由度の高さを活かし切った形といえよう。

トーリー自体は特筆するほどではないが、それを魅せるサム・ロックウェルの演技が良い。喜怒哀楽。芯に迫るものがある。相棒ロボット・ガーディも良い。彼はロボでありながら、まるで感情を持っているような言動を示す。機械のように扱われるサムと、機械でありながら心を宿すに至ったガーディ。この対比こそが見どころであり、本作をSFたらしめる要素であると思う。

あとは、本作に出てくる企業替が韓国企業であることが印象に残った。ひと昔前はこのポジションに日本が使われていたと思う。それはつまり、映画製作段階での各国企業の伸び代のイメージの反映であり、日本企業の伸び代のイメージが韓国企業に押されているということを意味する。本作の公開から7年、監督の目線はどうやら正しかったように思えてならない。