続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

スター・ウォーズ エピソードⅧ  ライアン・ジョンソン

 

スター・ウォーズ/最後のジェダイ  オリジナル・サウンドトラック

スター・ウォーズ/最後のジェダイ オリジナル・サウンドトラック

 

 

スター・ウォーズ新3部作の2作目。とにかく前作ラストで登場したルークがどうなるのかが気になるところだが、それは個々には書くまい。それぞれの目で見るべきなのだろう。

 

個人的には前作以上に「とてもディズニー映画らしく」なったと思った。まぁ仕方がないかもしれないが、ディズニーからのすごいフォースを感じる(笑)。

 

スター・ウォーズには様々は地球外生命体が登場する。そのキャクターの造形や、SF設定なども一つの見所だ。これまでのスター・ウォーズに登場する地球外生命体はどちらかといえば少し気持ち悪いキャクターだったように思う。ジャバなんていかにもだし、ジャー・ジャーなんかも独特。たぶん爬虫類っぽいヤツが多かったのだろう。毛の生えてるやつも基本的にごつい。この辺が女の子にはちょっと受けないとこだったと思う。

 

対して本作にはキレイな白馬のようなエイリアンや、もふもふのペンギンみたいなヤツが登場したりする。後者なんかはいかにもペットに飼いたくなるようなキャラクターで、たぶん女の子にもうけるだろう。この辺はたぶん商品化される。

 

また、物語のキーとなる登場人物に女性が増えた。スター・ウォーズの女性キャラは女王とか母親が印象に強いが、本シリーズは主人公からして女の子だ。たぶん、今のスター・ウォーズはこれまで未開拓だった女の子ファンを獲得していきたいのだろう。ディズニーのフォースである。

 

また、登場人物の大半が人間になったのも印象的だ。スター・ウォーズの世界にはいろんな宇宙人、種族が登場する。これらが民族としての力を持つ一方、宇宙に飛び立てば宇宙船のなかで共存する。宇宙を舞台に人間と人間が争うからスター・ウォーズなのではない。宇宙にちらばる無数の民族が生存をかけて戦うからスター・ウォーズなのだ。帝国と共和国の争いは、その大まかな形なのだ。個人的にはもっと変な宇宙人を出して欲しい。スター・ウォーズは美しい人間の物語ではなく、宇宙のクロニクルであって欲しいのだ。

栞子さんの本棚

「ええ、やってみるわ」(『たんぽぽ娘』よりジュリー)

ビブリア古書堂シリーズの題材となった小説の一部をまとめた本。結構奇妙な本で、編集者はおらず、著者は夏目漱石他12名。ビブリアシリーズは2冊ぐらいよんでみただろうか。たぶん、登場順に作品が並んでいるのだろう。また奇妙なことに、半分程度の作品は一部抜粋である。なので最後まで読み切ることはできない。

それでも不思議と楽しめる一冊であった。特にロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」は良かった。とてもキレイなSFである。あとで調べると、これは最近まで絶版の一冊であったらしい。たまたまこの本を手に取らなかったら、生涯読まなかったかもしれない。そして、このたんぽぽ娘はぼくの心に刻まれる一冊になった。

非常に短い短編と、ピンポイントで面白いところを押さえた抜粋作品がコンパクトにまとまった一冊。ジャンルも様々で「小説を読むことの面白さ」が詰まっていると思う。活字嫌いな人にオススメしたい。

傷物語 西尾維新

傷物語 涜葬版

傷物語 涜葬版

「キスショット。僕は人間なんだよ」(阿良々木暦)
「そうか。儂は吸血鬼じゃ」(キスショット)

化物語シリーズ第…何弾なんだろうか?
適当に読んでいるので何作目かよくわからない。

本作はシリーズ始まりの物語。主人公・阿良々木暦が吸血鬼・キスショットと出会った顛末を描く。

ライトノベルらしくさくさく読めるが、なかなか描写はえげつない。エグさやグロさは妖怪譚には必須というところか。吸血鬼が出てくる以上当然の描写なのか。

登場人物それぞれの思惑がわかりやすく、またそのすれ違う様がドラマを生み出している。ファンタジーなのに、妙なリアリティがあるのはこのすれ違いのドラマがリアルだからだろう。絶妙なバランス感覚だと思った。

幽談 京極夏彦

『俺はさ、観察してるから知ってるぜ』(〔知らないこと〕より、兄』

京極夏彦の短編集。

京極堂シリーズにあるような、頭の後ろがビリビリと痺れるような得体の知れない恐怖が描かれる。

この分かるようで解らない恐怖こそ『幽けきもの』なんだろう。なんとなく形があるように思えて、その実何もないかのように手応えがない。そのギャップに人のもつ想像力が勝手にこの世ならざるものを見る。

この本を読んで怖いと感じるのなら、きっとあなたは想像力豊かなのだ。

ストレッチ アキリ

『一人より、二人がほぐれる』(帯より)

マイナー漫画なんだけど、個人的には究極の癒し漫画。心が折れ疲れている人に読んでほしいり 。心身ともに癒されるはずだ。

銀河鉄道の夜 宮沢賢治

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

この本を作った人に感謝したい。素晴らしい一冊だ。言わずと知れた宮沢賢治の名作を中心に、コンパクトにそのエッセンスが集約されている。作品のチョイスや、順番もすごくいい。

装丁もすごくいい。真っ青な表紙に銀色のもじが輝く。すごく『らしさ』が出ている。最もこの装丁は新潮文庫のシリーズで多くの作品に適用されている。でも、特に宮沢賢治にぴったりだ。

コンパクトながら、多数の中〜短編を含んでいて、読み応えがある。国語の教科書に載っているような作品も多いから普段本を読まない人でもとっつきやすいだろう。

ちょっと読書でもしてみようかと思う人にオススメしたい。

スター・ウォーズ 最後のジェダイ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ  オリジナル・サウンドトラック

スター・ウォーズ/最後のジェダイ オリジナル・サウンドトラック

前作は新シリーズの顔見せと言う感じだったスター・ウォーズ。今作では歩き始めたキャラクター達が加速して、物語は大きなうねりをなしていく。スター・ウォーズ・サーガと呼ぶにふさわしい。

ついに描かれた英雄ルークのその後。前作のハン・ソロがそうだったように、かつての伝説にはふさわしい退場の舞台が用意されるのは物語として当然だろう。問題はどう退場させるかだ。ルークは運命に翻弄されたが、もともとは貧しい家庭の青年だった。ただの一般人だった。その血筋と世情が彼を英雄にしたのだ。彼に押しかかる大きすぎる責務対して、彼は果たしてどう対応するのか。

また本作の1つのテーマは師匠と弟子である。そして、その継承の過程が、そのまま時代のうねりとなっていく。ルークからレイへ。スタークからレンへ。ヨーダからルークへ。フォースの使い手だけではない。レジスタンスの中でも受け継がれるものがある。

そして、どうやらこの新三部作はどうやらカイロ・レンの物語であるらしい。彼はどこから来てどこへ行くのか。闇の深淵を極めるのか。光を求めるのか。続きが気になって仕方がない。