読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

探偵ガリレオ 東野圭吾

 

探偵ガリレオ (文春文庫)

探偵ガリレオ (文春文庫)

 

 

 
『故障中、という言葉はあるのかな』(湯川博士
 
あんまりテレビでドラマを見ないので、いまひとつ『ガリレオ』に興味はなかった。しかし、映画は好きなので、少し前に『真夏の方程式』を見た。で、ガリレオシリーズに興味が湧いたわけだ。『少なくとも、真夏の方程式までは読んでみよう』と。
 
探偵ガリレオ』は、ぼくには現代版シャーロッ・クホームズのように感じられた。一見不可解な謎を、科学の力で解き明かしていく。トリックがダイナミックで、説明もわかりやすくて読みやすい。章立てされているが、章ごとの短編集みたいなものだ。ミステリーに挑戦してみようかなあ、と思ってる人にオススメしたい。
 
そういえば、作中で湯川博士は『実に面白い』とは言わなかった気がする。あれはドラマでのキャラ付けなんだろうか。