読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

300

シアター

古代、ペルシア戦争の激戦、テルモピュライも戦いを描いた映画。ペルシア軍からギリシャを守るためスパルタ軍はたった300人の兵で戦いを挑むのであった。

ムキムキマッチョがこれでもかと戦う映画。なぜか基本半裸なわけだが、盾も持っているので防御力は高い。腹筋を魅せないともったいない、という強い意志も感じる。陰影を強調した画像処理もあって大変迫力のある筋肉が画面狭しと踊り狂う。正直お腹いっぱいです。

戦闘シーンはなかなかの迫力で格好いい。たまに入るスローとか、漫画の決めゴマみたいなシーンもいい。主人公レオニダス王の強い意志を感じる。ストーリーはベタベタだが、弱者が強者に立ち向かう展開は基本的に面白いので問題ない。熱くならざるを得ない。背景のCGの「いかにも合成しました」って感じも熱苦しさでカバーされる。

とにかくかっこいいマッチョの戦闘シーンが見られる。なんというか、これはそういう映画だ。深く考えてはいけない。

とにかくマッチョが格好いい。