読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

菊治郎とさき ビートたけし

本棚

菊次郎とさき (新潮文庫)

菊次郎とさき (新潮文庫)


『よく考えると結局、おいらの人生はオフクロとの闘いだったような気がする』(著者)

ビートたけしが書く自伝的小説。
強烈な母と小心者の父。クセの強い一家のなかで武は刺激を受けて成長していく。

さらりと平易な文章で、強烈な思い出を面白おかしく語る。天才・ビートたけしもやはり人の子なのだと感じる一冊だった。