読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

塗仏の宴 宴の支度 京極夏彦

 

文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)

文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)

 

 

「しりたいですか」(謎の男)

 
魑魅魍魎が跋扈する京極堂シリーズ第6弾。相変わらず分厚い。その上なんと上下の2冊に分かれている。京極堂の饒舌っぷりは相変わらず。
 
上巻となる本作では、様々なようかいをモチーフとした短編集のような体で事件が起こる。京極堂が必ず出てくるわけではないが、シリーズおなじみのメンバーはそれぞれの事件に関わっていく。そして、数々の事件はほんのりと繋がりがあることが見えてくる。何か裏にもっと大きなものがある。それを感じながら読み進めると、最後の最後でとんでもないラストを向かえた。
 
いったいこの事件は何なのか。裏にいるのは何者なのか。何もかもさっぱりわからない。支度は整った。宴の始まりである。