読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

恋恋蓮歩の演習 森博嗣

本棚

「それが、人の価値を決めるものです。それだけは、最後まで、死ぬまで、誰のものでもありません」(瀬在丸紅子)

Vシリーズ第6弾。ミステリの王道、豪華客船のなかで奇妙な事件が幕を上げる。

最近、ちょっと僕のなかで飽きがきていたVシリーズが、この一作でグッと盛り上がった。森さんはこんな作品も描けるのか。トリックや事件そのものより、人間模様にフォーカスを置いた一作だと感じた。タイトルに「恋」の字があるように様々な恋愛模様が描かれる。恋愛ミステリといっても良い様な不思議な事件だ。

前作から本領を発揮し始めた保呂草潤平は今回も大活躍。見事な立ち回りで事件の裏を飛び回る。そして、裏が保呂草なら表は紅子さんだ。泥棒と探偵でありながら、仲間でもある。奇妙な二人の関係は一体どうなっていくのだろう。