読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

孤島の鬼 江戸川乱歩

孤島の鬼 (江戸川乱歩文庫)

孤島の鬼 (江戸川乱歩文庫)

『あいつら夫婦は生まれながらの鬼だ』

巷では江戸川乱歩の長編最高傑作ともいわれる孤島の鬼。タイトルからして江戸川乱歩らしいグロテスクさが漂い、不気味な事件を予感させる。
そして、実際読み進めれば、先の読めぬ奇妙な事件が次々と起きる。恋人の死、サーカス団、奇形など江戸川乱歩によくあるグロテスクのモチーフがこれでもかとでてくる。くらくらと眩暈を覚えつつ、一気に読み終えた。最後には、文字にすることできない、なんだかよくわからない気持ちが残った。愛憎入り混じる、という感じが近いだろうか。これは一体なんなのか、ぼくにはやくわからない。人間にはそういうよくわからないところがある。それ自体が乱歩の描きたかったものなのかもしれない。