読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

ひとりずもう さくらももこ

 

ひとりずもう

ひとりずもう

 

 

 
『あれから20年以上経つが、私は未だに自分が作家になれた事が信じられないし、作家だという事がうれしい』(作者)
 
さくらももこのエッセイは、どうしてこうもスラスラ読めて、こんなに面白いのか。出来事とその時の感情を端的に結びつける表現と、当事者でありながら時に現れる客観的な視点がおもしろさに結びつくのてまはないだろうか。
 
作者の小学生から漫画家デビューまでを追う本書では、作者の青春が面白おかしく、そして熱く(作者にしては珍しい?)語られる。中学生ぐらいにぜひ読んでもらいたい。個人的には、読書感想文の読む本に困ったらこの一冊をオススメしたい。