読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

狂骨の夢 京極夏彦

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)

『実に、見事な左道であった』(もんかん長者)

京極堂シリーズ第三弾。相変わらず分厚い本である。井戸から現れるという骸骨の妖怪『狂骨』をモチーフとし、髑髏が事件を巻き起こす。

今回、主人公である京極堂の出番は遅い。個人的には京極堂の、物事を紐解く、胡散臭い話が聞きたいがためにこの分厚い本に挑んでいるので随分と我慢させられた。しかし、我慢に合うだけの見事な謎解きであった。
加えて、京極堂の憑き物落としを理解できるキャラクタが登場したことも、個人的には嬉しい。無論、ちがいはあるのだろうが。『見事』と褒める言葉は今まで京極堂に向けられたことはなかったのではあるまいか。個人的には、少し京極堂が救われる話でもあるように感じた。