読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

太陽の塔 森見登美彦

太陽の塔 (新潮文庫)

太陽の塔 (新潮文庫)

生きよ、(けれども少しは)恥ぢよ

結論からいうと個人的にはいまひとつだった。

登場する男どもは鬱屈した、それでも青春っぽいなにかを必死にあがく。それを言葉巧みに面白おかしく、そして意外と爽やかに描く、という作者のスタイルはすでに確立されている。ぼくは「夜は短し〜」でこのスタイルに大いにハマったわけだが、どうもこの太陽の塔ではいまひとつ乗りきれなかった。作中にも出てくる「男汁」が強すぎるのか、なんだかもっさりした感じにとらわれてしまった。とはいえこちらのほうがデビュー作なので、「夜は〜」のほうが面白くてしかるべきなのかもしれない。