読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

羽生善治論−「天才」とは何か 加藤一二三


将棋が好きなので、たまにこんな本を読む。プロ棋士は一体どんなことを考えながら盤へ向かっているのか。少しでも知りたい、と思うからだ。
本書は「天才」加藤一二三が「大天才」羽生善治を紐解く、という形で展開していく・・・と見せかけて、最終的には加藤一二三論が展開されていくような気もする。結局、プロ棋士どうしでも相手の中身をズバリと言い当てることなんてできないに違いない。ご本人がご本人について書いた本を読んだほうが、プロ棋士の思考を辿るにはよさそうだ。