続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

蝦蟇の油 自伝のようなもの 黒澤明

 

 

自分について書くと云うことは、四方を鏡で囲まれた、その真中に立って、四方を眺めるよう様なものだ(作者、帯より)

 

いわずとしれた日本映画界の巨匠・黒澤明監督の自伝。世界のクロサワももちろん一人の人間で、その映画製作にはいくつもの困難と喜びがある。卒直で簡潔な監督の言葉は、その世界を実にクリアに切り取っている。

 

同時に宮崎駿監督の「出発点」を読んでいるせいか、少々左翼的な思想に染まりるつつ読んでしまった。戦前、戦後を通して日本映画界におきた変化。ときおり、黒澤監督も感じたらしい敗戦の重みや、日本人の情けなさ。あるいは日本人の美徳。とはいえ、黒澤明という人は、確固とした自分の価値観の上に足を置き、映画を作った人であることがわかる。そして、その価値観の中に「自分が日本人であること」が含まれている。だからこそ、西洋文化に迎合する人の多い世の中で、くっきりとその存在を示すことが出来たのだろう。

 

また、自伝といいながら、実に多くの人物がその物語の中に登場する。俳優、同期の仲間、助監督、証明、カメラ、先輩たち。なるほどこの本は「自伝のようなもの」なのだ。

 

まえがきで著者は「自分から映画をとったらゼロである」という。そして、映画は監督だけで作るものではない。少なくとも黒澤映画は違う。だから、黒澤明を語るなら、その映画に関わった多くの人々を語らざるを得ない。仲間愛にあふれる一冊だと思った。

 

 

聖書物語 木崎さと子

 

聖書物語 (角川ソフィア文庫)

聖書物語 (角川ソフィア文庫)

 

 

ユダヤ教キリスト教聖典である聖書。それはイスラエルの民族の歴史を描く大きな物語でもある。その要点を引用し、おおまかな物語の流れを追う一冊。平易な言葉でわかりやすく、主教や聖典というものに意識の乏しいぼくのような日本人でも読みやすい。

 

ユダヤ教キリスト教の背景にある物語をわかりやすく大雑把に学べる一冊。いきなり聖書を読むわけにはいかないが、この本ならなんとなく聞いたことのある名前を、ちゃんと物語上の一人物として理解することができる。例えばモーゼとか、アリマタヤのヨセフとか、ネブカドネツァルとか。聖書を全部読むなんて出来ないが、これならサクサク読める。広く浅い入門書として最適だ。

 

細かいことをいえばいろいろあるが、個人的には旧約聖書ユダヤ教)におけるイスラエルの神と新約聖書キリスト教)の父なる神の違いが物語を通して感じ取れたのがよかった。イスラエルの神は未熟な民を厳しく導く。時に理不尽ともいえる荒々しい言動は、古代の人々には全く太刀打ちできなかった大自然の力そのものを象徴しているのだろう。そしてその大自然の理不尽さを、絶望ではなく神の試練として民族への叱咤激励に転換することこそ、旧約聖書の役割であったのではないだろうか。一方で、時代が下り父なる神としてキリストの時代に君臨した神は幾分優しい。まさに親の面持ちでイエス・キリストとその民を見守る。モチーフが鳩ということもあってずいぶん可愛らしい(イスラエルの神は稲妻がモチーフである)。

 

この神の違いだけでもユダヤ教のストイックさと向上精神が理解できるし、キリスト教が1つの父に統一されることで大きな力を発揮する宗教であることがわかる。宗教は人の生き方に大きな影響を与えている。人を理解するために、宗教は欠かせない。

ももこのおもしろ健康手帳 さくらももこ

 

ももこのおもしろ健康手帖
 

 

 ちびまるこちゃんでおなじみさくらももこのエッセイ(?)。いや、対談集か?健康についてあれこれ語る。健康マニアなお話である。

 

 さくらももこのエッセイは肩の力を抜いてさっくりと読める。ホット一息つける読書でよい。なんの意味もないことに取り組む、というのは実に人間らしいことではないだろうか。

 

 1999年の本なので書かれているのは最近では少々古臭い健康グッズのお話。とはいえ、たぶん今でも同じような健康グッズはどうどうと販売されているのではないだろうか。そう思うと世の中なかなか進歩しないというか、お内手口が横行しているというか(笑)。

 

 肝心の健康効果は作者が50代で亡くなってしまったので・・・。この本のなかでは「あたしゃ96まで生きるよ」と語る作者の姿をぼくはなんとも言えない気持ちで思い浮かべた。この本が発売された当時なら、たぶんこんな気持にはならなかっただろう。とはいえ、天国でさくらももこはきっと自分が早死にしたことさえも面白おかしく語ってくれると思う。でも、もっと長生きしてたまには本を出してほしかった。90歳のさくらももこのエッセイを読んでみたかったと思う。

ローマ帝国衰亡史(下) エドワード・ギボン

 

 

歴史にまったく弱いので、相変わらずこの手の本は表面をなぞる程度にしか読めない。ただ、それでもなんとなく大きな国が生まれて、実に多様な変革が起き、そして滅びていく。その姿をイメージすることはできた。国は大きな生き物である。人々は細胞だ。

 

またいつかこの本を読み直したくなるときがあると思う。そのときにはもう少し深いところを覗ければいいのだが。

アジア未知動物紀行 高野秀行

 

 

著者は・・・冒険家、でいいのか。変なものをみたいとの一心で世界中を駆け巡り、未だ存在のあやふやな「未知動物」を探し求める。本作では、ベトナムの猿人「フイハイ」、奄美の妖怪「ケンモン」、アフガニスタンの凶獣「ペシャクパラング」を探す。

 

もう名前の時点で動物というより妖怪を探しているのに近いのがひと目で分かる。実際、旅のなかでも動物をさがすというより、正体を探るに近いような雰囲気だ。その過程で、文字にならないような国々の文化やヒトの暮らしが垣間見える。著者の「現場主義」ということもあり、実際の現地の人となりや習慣に基づいた「正体の考察」は案外深みがあって面白い。根っこは違えど、その方向性は水木しげる京極夏彦に近いのではないだろうか。「未知動物」というものを通して、実は暮らしや文化、思想など、そこには人間が描かれている。

 

単純に珍道中ものとしても面白い。読みやすく、読み手を惹きつける文章で十分楽しめた。気楽に楽しめるいい一冊だ。旅のお供にどうぞ。

 

蝸牛考  柳田國男

蝸牛考 (岩波文庫 青 138-7)

蝸牛考 (岩波文庫 青 138-7)

柳田國男が蝸牛(かたつむり)の方言を題材に言葉の起こりやその変遷を論じる一冊。方言周囲論に集約されるその内容は、実に広く深く日本各地のことばを収集した柳田翁ならではのもの。

現代日本はあまりにも統一されてしまった。蝸牛を表す方言だけでも、実に多様な言葉があることを思えば、日本の文化もまた実に多様であることが伺える。『かたつむり』もまた一つの方言なのだ。

古いものが、新しくより良いものへと変わっていく。確かにそれはあるのだが、その進化は一直線に全てが並ぶわけではない日本の国にある様々なは文化もまたことばと同じである。

国際化の中で、日本とは、日本人とは、ということを考えなくてはならないと時代になった。その時、答えが一つにまとまってしまうことはとても恐ろしい。この小さな島国にも、色んなものがある。どれもとても大事なものなのだ。

探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛を込めて  東川篤哉

なんでも屋を営む良太はひょんなことから探偵一家の娘アリサの子守りをすることに。父は日本を股にかけ、母は世界を股にかける名探偵とあって、この娘も只者ではない。当然のように良太とアリスは事件に巻き込まれていくのであった。

大変申し訳ないのだが、どうも僕はこの東川篤哉の文章に馴染めない。雑多というか、ゴチャゴチャしているというか。スッキリしない。そこが良いところなのかもしれないが、僕は嫌いだ。とはいえ食わず嫌いは良くないと久しぶりにチャレンジ。結果、やはりダメなものはダメであった。

今の僕には何も響かないが、人は変わる。またいつか楽しくこの本を読める日も来るかもしれない。とはいえ、当分はいいや。