読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

陰摩羅鬼の瑕 京極夏彦

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)

『間違っているのではなく、違っているのですよ』(京極堂)

相変わらずのレンガ本。しかもだんだん厚くなっている。それでもたまに読みたいと思うのは、恐るべき情報量で造られる物語と、京極堂の憑き物落としの爽快さを求めているだろうか。
前作、塗仏の宴はオールスター戦という感じだったが、今作は少数精鋭。姑獲鳥の夏を思い出すメンバー構成になっている。鳥の妖怪である陰摩羅鬼を扱うにあたり、同じく鳥である姑獲鳥を意識しているようだ。
トーリーもなんとなく姑獲鳥の夏に近い。周りから隔離された華族の屋敷。そこで起きる殺人事件。朦朧とする関口、探偵なのか榎木津、出番が少ない木場、そして我らが京極堂
残念ながら謎解きは簡単。中盤まで読めば、ここまでシリーズを読んできた飼いならされた読者には結末が概ねわかってしまうのだろう。この辺り、賛否両論であるようだ。
それでも十分楽しんで読めた。変に登場人物が多くごちゃごちゃした話より、今回のようなスッキリしたスタイルがぼくの好みであるようだ。