読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

ゴジラ

ゴジラ

ゴジラ

『生命の秘密をなぜ解こうとしないんだ!?』(山根博士)

シン・ゴジラに度肝を抜かれ、レンタル屋に走った。やはりシリーズものは第一作こそ面白い。


ぼくは世代的にはヒーローとしてのゴジラの世代である。モスラ、バトラ、ビオランテキングギドラ。日本を脅かす怪獣を打ちのめすゴジラに震えた。一方、人間とは相いれず破壊の限りを尽くす怪獣たちに恐怖した。

そして、初めてみた初代ゴジラである。ゴジラはヒーローでもなんでもない、日本人に降り注ぐ怪獣であった。科学者が、自衛隊が、日本国がゴジラに立ち向かう。最高に美味しい面白い。

なるほど、ゴジラの真の面白さは、その危機に対する人間の動きにこそある。未知に対する人間人々の反応こそ人間が見てみたいものなのだ。テレビ番組のドッキリに近い。そこに人の本性が現れる。

ぼくらは、ゴジラにどう立ち向えるのか?