読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

書を捨てよ、町へ出よう 寺山修司

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

馬券をあてる人はみんな身なりのキチンとした人ばかりですよ(著者)

寺山修司の文章は不思議だ。ずいぶん過激なことを主張しながら、読み手に『なるほどな』と思わせる妙な説得力がある。うまい文章というやつなのだろう。多種多様な引用と、ウィットに富んだ解釈がそれを支えているように思われる。

現実と空想の間を駆けずり回る。不思議で、気持ちの良い文章を読んでいると頭が活性化するような気がする(気がしているだけの可能性が高い)。危ないクスリのような文章だと感じた。