読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

実験的経験 森博嗣


「しかし、生きていた時の輝きを、どうか思い出してあげてください」

森博嗣さんが、自由に書いた原稿の数々。小説、ミステリーやエッセイの枠を離れ、ただただ自由に書きたいことを書いている。分類しようのない短編集。森博嗣の文章作品」としか分類しようがない。
作者の自由な発想が読者の頭のフタをポンとはずしてくれる。時折発揮される切れ味鋭い思考も健在だ。
自由で、気楽で、切れ味鋭い。ぼくのイメージする「森博嗣らしさ」が詰まった一冊だった。