読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

陰陽師 龍笛ノ巻 夢枕獏

 

陰陽師 龍笛ノ巻 (文春文庫)

陰陽師 龍笛ノ巻 (文春文庫)

 

 

「鬼と女とは、人に見えぬぞよき」(露子姫)

 
陰陽師シリーズ第6弾。
 
各キャラクターの輪郭がしっかりしてきて、物語にいっそうの深みが感じられる。
特に蘆屋道満は、この巻でぐっと印象が変わったように思う。安倍晴明蘆屋道満は光と陰だ。安倍晴明と同等の力を持ちつつも、陰の中に生きるキャラクターである蘆屋道満。力を持て余しただいたずらに世を騒がせる彼を、晴明だけが相手をできる。コミュニケーションをとることができる。その結果かどうか、少し道満の中に晴明のような心が芽生えているように思えるのだ。
 
物語を重ねることで、キャラクター達は成長していく。この巻をもって、蘆屋道満は真の意味で晴明と対を成すキャラクターへ成長したのではないだろうか。