読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

おおかみこどもの雨と雪 細田守

 

 

 

 
『だいじょうぶ。もう大人だよ』
『・・・・・・大人?』
『自分の世界を見つけたんだ』
(花と彼、花の夢の中で)
 
"おおかみおとこ"と恋に落ちた女の子"花"。彼らの子供たちである『雨』と『雪』は、狼にも人間にも変身できる"おおかみこども"だった。
 
こんなにファンタジックな設定なのに、どうしてこんなにリアルに"生きる"ということを描けるのか!?
 
前半は夫の死を乗り越え、たった一人、秘密を抱えながら子育てに奮闘する花ちゃんの物語。随所に母の強さ、母の愛が描かれる。
 
後半は子供達の成長の物語。おおこみこどもは、フツーの人間と違い、"人間"か"おおかみ"か、2通りの生き方が選択できる。この設定が実にいい。子供達の成長を追いつつ、『あの子はこういう成長を遂げたか。立派になったたなあ』と、親戚のおっさんのような気持ちになってしまった。
 
"生きるってなんなの?"とおもってしまった人に読んでほしい。何か、見えるものがあるかもしれない。