読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

うしおととら 藤田和日郎

 

 

「もう誰も・・・こぼさねぇ」(うしお)

 

ぼくが小学生のころ友達と一緒に集めていたマンガ。初めて古本屋で買った本でもあるし、初めて集めたマンガでもある。それだけに思い入れが深く、また大好きなマンガなのだが、結局小学生の頃は集めきれなかった。

 

だが、ひょんな縁から、全巻まとめて手に入った。

少年マンガの王道とも言えるそのストーリーは、小学生のぼくも今のぼくも関係なく心を震わせてくれる。そして、ラストに向けて加速度的に集約していく物語。ちょっとした脇役たちにも、きちんと結末が与えられる。藤田和日郎のキャラクター愛を感じる。

 

うしおととら』のタイトルに偽りなく、物語の中心は、人間うしお&妖怪とらである。2人の絆の物語がぼくに与えた影響はとんでもなく大きい。ぼくは、いつか、人生の中で、彼らのようにわかりあえる相手を見つけたい。