読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

聖の青春 大崎善夫

聖の青春 大崎善夫

聖の青春

聖の青春

『ほんのわずかのちょっとしたことが恐くなったんだと思います』(羽生善治)

将棋はぼくにとって面白いゲームだ。互いにほぼ同じ条件のはずなのに、駒を動かすにつれそこに優劣が生まれてくる。一つ一つの闘いは物語のようで面白い。

本書に描かれる村山さんの人生は、まさに『闘い』そのものである。彼は将棋の世界で闘い、病と闘い、ありとあらゆる現実と闘った人なのだろう。その思いは狂おしいほどに純粋である。人間らしく生きる、とは彼のような生き方を指すのではないかと感じた。