読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

ものいふ髑髏 夢枕獏

ものいふ髑髏

ものいふ髑髏


様々な設定で描かれる短編集。ただ一つ共通項が各話にあるとすれば、それは『妖しさ』だろう。

淡々と、人の理解できるような、できないような、ギリギリの話が綴られる。暗い話が多いが、別に人の心に闇を描くわけではない。淡々としている、というのがこの短編集の特徴だろう。特に最後の『安義橋の鬼、人を喰らふ話』は面白かった。ただ、個人的には下ネタが、あんまり好きではないので、その辺はちょっと苦手か。