読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

ロッキン・ホース・バレリーナ

ロッキン・ホース・バレリーナ (角川文庫)

ロッキン・ホース・バレリーナ (角川文庫)

『まったく町子のロッキンはよく出来た靴でさ、こうやって爪先立ちになってグラグラしている間だけは、町子も可愛げのあることがいえることになってるの』(七曲町子)

十八歳で夏でバカ、な青春小説。冒頭のこの一文に全てが集約されているといってもよい。駆け抜けるように、さわやかな物語が転がって行く。

主役の一人、七曲町子は大槻ケンヂの短編集『ゴシック&ロリータ幻想劇場』で、その過去を垣間見ることができる。この短編を読んだときには、なんだこれ、と言った感じだったが、本作を読んでからもう一度見てみると、なんだかこみ上げて来るものがあった。内容的には「ロコ!思うままに」の短編とほぼ通じるところがあった。「ロッキン〜」のほうが発表はさきなので、こちらを分解して、一つ一つの内容を再構築したものが「ロコ!〜」にあたるのだろうか。