読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続: ぼくの一時保存

主に読書ブログ。たまに頭からはみ出したものをメモ。

四季 夏

四季 夏 (講談社文庫)

四季 夏 (講談社文庫)

『理屈は常に通ります』(真賀田四季)

『すべてはFになる』の外伝。天才、真賀田四季の若かりし頃が描かれる。
十三歳になり、積極的に活動していく四季。その好奇心をもって、どんどんと世界を広げていく。『すべては〜』で登場した四季は完成形であったが、この外伝には成長過程の未熟な天才が描かれる。成長!天才は天才なりに苦労し、迷い、成長していくのだ。なんだか随分安心した。孤高の天才といえども、そのベースが人間であることを改めて確認できたからだろうか。